日経平均株価は値下がり(2日)。海外投資家不在で、売買代金は今年最低。

海外投資家休日のため、不在

4月2日、東京株式市場、日経平均株価は
先週末に比べ、

▼65.72円安の
21,388.58円(▼0.31%)

1ドル=106円台の為替相場の落ち着き
を背景に、高値140円ほど値上がりすると

引けにかけては、利益確定の売りが先行し
3営業日ぶりの、小幅な下落で本日の取引
を終えています。

東証一部の売買代金は、1兆6700億円と
今年最低を記録。海外投資家不在(金曜日
から休日)のため

ボリューム不足は、仕方がないのかしれま
せんが、(個人投資家や公的資金など)の

国内勢も、週末の米雇用統計やトランプ
政権の政策など、不透明要因も多く、

新年度といえども、まだ積極的に動けない、
というのが現状のようです。

3月の3週も、海外投資家の売りを、個人投資家と日銀の国内勢の買いで対抗!?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る