22,000円台を1カ月半ぶりに突破した、18日の日経平均株価。日米首脳会談がきっかけ?

上値めど、22,000円を突破

18日の東京株式市場、日経平均株価は
4日続伸。

昨日に比べ、+310.61円高い
22,158.20(+1.42%)

上値めどとされた、22,000円を
あっさり突破したことで、マーケットの

強さをあらためて、実感した
一日でもありました。

終値での22,000円を回復したのは、
2月28日以来、1カ月半ぶり。

無難のうちに終了できるか、日米首脳会談

注目の日米首脳会談1日目では、
米朝首脳会談にむけ、ハイレベルの両国の

直接対話が行われていたことも明らかに
なり、投資家心理の改善につながったようです。

一方、

2日(日本時間今夜)の会談では、通商問題が
中心となる予定で、トランプ大統領から

強気の要求を突きつけられる懸念も残り先行きを
不安視する、見方がありました。

いずれにしても、日米とも、企業業績を先取り
するカタチで動いているマーケットですので、
懸念材料が、減っていくことがのぞまれます。

17日米国株式市場は大幅続伸!企業の好決算と経済指標の良い兆しで。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る