日米首脳会談を前に様子見の、17日の東京株式市場。

市場の関心は日米首脳会談へ

17日の東京株式市場、日経平均株価は、
昨日に比べ、+12.06円高の

21,847.59円(+0.06%)

小幅高でしたが、3日続伸となりました。

日米首脳会談(日本時間では、明日)を控え、
様子見の方向感ない、一日の動きでした。

首脳会談では

「トランプ大統領大統領から、どんな要求が
突きつけられるものか、わかったものでは
ない」

「安倍首相とトランプ大統領の良好な関係
を考慮すると、実体経済へ悪い影響を与える
ような交渉には、ならないのでは」

など予想はさまざまですが、一方でサプライズ
な発表?も期待する市場関係者もおり

いずれにしても、明日以降の動きということ
になるでしょうか。

攻撃は限定的?16日米国株式市場は反発。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る