地政学リスク回避期待の、16日の東京株式市場は小動き。

地政学リスクがやわらぐ?

週明け、16日の東京株式市場、
日経平均株価は、先週末に比べ、

+56.79円高の
21,835.53円(+0.26%)

14日の米英仏、3ヵ国によるシリアへの
ミサイル攻撃がマイナスの要素となり、
株価の値下がりが心配されました。

しかし、

『シリア攻撃は1回で終わる可能性が
高い』という見方がひろがり、

株価急落は回避されたていたようです。

マーケットの関心は、日米首脳会談へ

17日から、安倍首相とトランプ大統領に
よる、日米首脳会談がおこなわれます。

トランプ大統領から、どんな要求が突き
つけられるかと、

心配するむきもありますが、

国のトップとしての経験と外交力で上回る
安倍首相の手腕で、難しい交渉を乗り切って
くれるのではと、個人的にはみています。

米中の貿易摩擦や地政学リスクなどをソ
フトに受けとめ、

企業の業績を評価する、4月、5月となる、
日米の株式市場に期待しています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る