11日の東京株式市場、日経平均株価は3日ぶりの値下がり。シリア情勢の緊迫化?

シリア情勢の緊迫化?

11日の東京株式市場、日経平均株価は、
前日比▼107.22円安の

21,687.10円(▼0.49%)

3日ぶりの値下がり。

朝方は米国の大幅高やドル高・円安など
の流れを受け高くはじまるも、

目先の利益確定が先行し、
上値を抑えました。

また、トランプ大統領によって軍事行動の
可能性も示唆されている、

シリア情勢の緊迫化から、
警戒感も出て、売りにおされる展開と
なりました。

米国株式市場(10日)は、大幅高。中国対話重視?で警戒感が後退。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る