東京株式市場(10日)日経平均株価は連日の上昇。中国から前向きな発言!?

中国から大人の対応?

10日の東京株式市場、日経平均株価は
前日比+116.06円高の

21,794.32円(+0.54%)

連日の上昇。

今度は、中国側の習近平国家主席のほう
から貿易の自由化に向けて前向きな発言
があり、

米国と中国の貿易摩擦による、世界経済
停滞への懸念が後退するのではと、

一時は、255円高の

21,933円まで値上がりしていました。

上値が重かったのは、米時間10日-11日に
予定されている

フェイスブック(FB)のザッカーバーグ
最高経営責任者(CEO)の議会証言への
警戒感(インターネット企業への規制強化?)
が意識されていたと

指摘する一部市場関係者がいました。

どちらも交渉上手

トランプ大統領と習近平国家主席
のけなしあいや

譲歩の度合いをみるにつけ、

どちらも、タフ・ネゴシエーターとして
の資質を感じてしまいます。

いずれにしても、日本もからむ貿易問題は
時間を要する今年のテーマであり、

株式市場は、ナーバスな対応を求められる
ことになりそうです。

 

米国株式市場(9日)は、反発。「トランプ大統領周辺」で揺れる!?

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る