2020年、オリパラで創り出される 遺産(レガシー)

長いので、オリパラとします。

2020年東京オリンピック競技会・
東京パラリンピック競技会に向けては、
多くの施策が政府を中心に打ち出されて
います。

特に、「パラリンピック」という
語は1964年の東京大会の際に初めて
使用されたもので、

夏季のパラリンピック競技会が同一
都市で2回開催されるのは、2020年
東京パラリンピックが史上初となる

こともあり、開催国日本としても官
民あげての、盛り上がりと言えます。

参加国・地域数で、オリンピック
競技会とパラリンピックの差が縮ま
り、過去最多となることを目指し

大会を世界中の障害者をはじめ全て
の人々に夢を与える大会として、
位置づけています。

オリンピック憲章では、オリンピッ
ク競技会の

有益な遺産(レガシー)

について、開催都市のみならず、
開催国としても引き継ぐことが
期待されています。

1964年の東京大会は、
新幹線、
首都高速道路、
ごみのない美しい街並み

など、現在にも残る数々の
遺産(レガシー)が生み出れて
います。

2020年の大会でも、多くの先進国
に共通する課題である

高齢化社会
環境・エネルギー問題
への対策として

日本の強みである技術、文化をいかし
ながら世界をリードする、日本の姿
を示し、2020年オリパラ大会を

世界と日本が新しく生まれ変わる大き
なはずみとする、壮大なテーマが
かかげられています。

「強い経済」の実現、文化プログラム
等を活用した日本文化の魅力の発信
スポーツを通じた国際貢献、健康長寿

ユニバーサルデザインによる共生社会
生涯現役社会の構築に向け、成熟社会
にふさわしい

次世代に誇れる遺産(レガシー)を創り
だす。

政府が、2020年オリパラ競技会を
ビッグイベントとしてとらえ、動きはじめ
ているわけですが、

投資家、資産運用をする立場として、
オリパラをみた場合も、やはりビッグ
チャンス。

レガシーを創り出す、業界、企業
そして、日本について考えていき
たいと思います。

関連記事はこちら↓
クール・ジャパンがとまらない!
4月単月で、初の250万人超えの
訪日外国人、インバウンド

『観光立国になる!』という強い意志

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る