2018年の10大リスクは、中国から。米ユーラシア・グループ

トランプ大統領の登場で米国
が、世界のリーダーシップを
とらなくなり、

世界が不安定化するという、
2017年の10大リスクを的中させ
た、

米国調査会社ユーラシア・グループ。

そのユーラシア・グループが2018年
今年も、「10大リスク」を発表して
います。

首位は、

『中国は真空状態を愛す』

とグループ社長が言い表した
ように、中国の影響力を拡大を
あげています。

中国が広域経済構想

「一帯一路」や
インフラ投資、

さらにはAI(人工知能)等の
最新テクノロジー分野などで

世界的に影響力を行使する機会が
増えると指摘しています。

上記の真空状態とは、
存在感の低下する、米国の
間隙(=真空状態)を

狙って突くように中国が台頭する
ことを意味するようです。

また、
2位には


先進国(米欧の)の影響力が弱まって
いるため、

北朝鮮やシリアなどで国際的な紛争が
起きるリスクが高まっていると

『偶発的なアクデント』

をあげています。いずれにしても、

2018年キーワードを、

「米国」と「中国」と予測すると

経済的には、両国とは、パートナーとして
位置づけられる日本の存在価値が

試さられる1年になることは、間違いない
と言えます。

3位以下と

詳しい内容は、日本経済新聞電子版で。

 

 

 

 

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る