2017年、株式市場前半を振り返る!!①米国編

時が経つのが、はやすぎる

高値警戒の中、気迷いながらの米国株式市場
ですが、まずは2017年1月〜6月末までの、
主要株価指数の高値から。

NYダウ  21,535.03ドル(6月20日)
S&P500    2,453.82 (6月19日)
ナスダック 6,341.70(6月9日)

それぞれの史上最高値ということになります。

昨年11月の米国大統領選挙後の上昇基調は、
年明け以降も継続し、堅調な推移となっていま
す。トランプ政権の政策期待もありさらに雇用
統計等の経済指標が全般にしっかりとした内容
でした。

米国企業業績も昨年10月〜12月期以降予想を
上回るペースで拡大が進んでいることやイン
フレ率の伸び悩みなどから、今後の米国の利
上げペースが緩やかなものとなり、懸念され
る利上げの影響は、限定的とマーケット関係
者はみているようです。

ただ、そうはいっても、高値警戒感が出てき
ていることも事実ですので、ここからの米国
株式市場は金利の動き、中国の景気減速懸念
原油価格の下落などを意識した神経質な展開
が予想されます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る