2017年、株式市場前半を振り返る!アップルとアマゾン②米国編

消費スタイルは、どう変わった!?

2017年のニューヨークダウは、
19,881ドル(1月3日)にスタート。そして、
21,349ドル(6月30日)までとなっています。
*いずれも終値
上昇率は、7.4%。

個別銘柄では、アップル(AAPL)は、
第2四半期の決算ではiPhone、iPadとも
前年同期に比べ、売上が落ち込んだものの、

116ドル台(1月3日)でスタートした株価
は、ハイテク株の調整をうけながらも144
ドル台まで値上がり。上昇率は、24.4%

また、店舗数460、社員数9万人近くを抱え
る、ヘルシーな高級食品のスーパーマーケ
ットであるホールフーズ(WFM)を6月に
137億ドル(約1兆5000億円)で買収すると
発表した

アマゾン(AMZN)の株価は、
757ドル(1月3日)から968ドル(6月30日
)へ。上昇率は、27.8%

オンライン販売が、年15%のペースで伸びて
いる米国で、ネット(オンライン)販売では、
アマゾンのシェアが、40%とも報じられてい
ます。そのアマゾンが、リアル店舗?のスーパ
ーマーケットを買収する、意味が大変興味深い
ところですね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る