2017年、株式市場前半を振り返る!インドに比べると・・③日本株編

マーケットだけが、事実を伝えている。

トランプ政権への期待と世界的な金利低下傾向
を背景とする、カネあまり相場で、その恩恵を
受けた市場と受けることができなかった市場が
ありました。

以下昨年12月末を基準に、2017年6月30日
まで
の各国の主要株価指数の動きと上昇率
です。

インドムンバイ
26,626.46→ 30,921.61  +16.13%

香港ハンセンH株
9,394.87→   10,365.22   +10.33%

S&P500(米)
2,238.83→     2,423.41     + 8.24%
NYダウ(米)
19.762.60→  21,349.63     + 8.03%

DAX(ドイツ)
11,481.06→  12,325.12      +7.35%

TOPIX
1,518.61→    1,611.90     +6.14%

日経平均株価
19,114.37→ 20,033.43    +4.81%

中国上海総合
3,103.64→ 3,192.43         +2.86%

FTSE100(英)
7,142.83→  7,312.72         +2.38%

中国本土では景気減速への不安が、イギリス
は、EU離脱からの政局混迷などの理由で上昇
がおさえられているような気がします。

日本株全体が中途半端な?上昇で終わっている
のをどのように解釈していいかわかりません
が、日本の株式市場のメインプレヤーである
外国人(海外)投資家が、

加計学園や森友問題での安倍政権への不信
で、日本株への投資を躊躇しているとは思
いたくはないの
ですが・・

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る