データを読む

世界の株式市場は、2018年も堅調か?

投稿日:

運用の世界ではグローバルな投資が当たり
前になっています。

どこの国に投資して、
いかに好パーフォーマンス
(運用成果)を

出すかが、
資産運用会社の腕の見せ所になります。

2017年の各資産を年間収益率(円ベース)
みると、どこの国や地域のどの資産に

投資するのが良かったのかがわかります。

1位 新興国株式 33.6%
2位 国内株式  22.2%
3位   先進国株式 19.3%
4位 新興国債券 11.8%
5位 海外REIT         5.7%
6位 先進国債券   4.7%
7位 国内債券          0.2%
8位 国内REIT        -6.8%

2017年の世界的な景気回復や低インフレ、
金融緩和の影響もあり、株式などの

リスク資産への投資が有利な1年だったと
言えます。

暮れには、トランプ政権の税制改革への
期待から、主要国の株価指数が過去最高値
を更新するなど株式市場にも、

良い1年でした。

一番、パーフォーマンスが良かった、
新興国の株式は

中国経済の底堅い成長で、アジア経済の回復
を下支えしたこと

ブラジルなどの資源国がマイナス成長から
脱するなど新興国経済が全体として安定した
回復基調を辿ったことから、

大幅に上昇しました。

この結果を踏まえ、2018年の運用をどうしよ
かと、各運用会社は、知恵をふりしぼって
います。

 

-データを読む
-, , , , , , ,

Copyright© 米国株入門、アメ株チャレンジ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.