世界の株式市場は、2018年も堅調か?

運用の世界ではグローバルな投資が当たり
前になっています。

どこの国に投資して、
いかに好パーフォーマンス
(運用成果)を

出すかが、
資産運用会社の腕の見せ所になります。

2017年の各資産を年間収益率(円ベース)
みると、どこの国や地域のどの資産に

投資するのが良かったのかがわかります。

1位 新興国株式 33.6%
2位 国内株式  22.2%
3位   先進国株式 19.3%
4位 新興国債券 11.8%
5位 海外REIT         5.7%
6位 先進国債券   4.7%
7位 国内債券          0.2%
8位 国内REIT        -6.8%

2017年の世界的な景気回復や低インフレ、
金融緩和の影響もあり、株式などの

リスク資産への投資が有利な1年だったと
言えます。

暮れには、トランプ政権の税制改革への
期待から、主要国の株価指数が過去最高値
を更新するなど株式市場にも、

良い1年でした。

一番、パーフォーマンスが良かった、
新興国の株式は

中国経済の底堅い成長で、アジア経済の回復
を下支えしたこと

ブラジルなどの資源国がマイナス成長から
脱するなど新興国経済が全体として安定した
回復基調を辿ったことから、

大幅に上昇しました。

この結果を踏まえ、2018年の運用をどうしよ
かと、各運用会社は、知恵をふりしぼって
います。

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る