アメリカに続け!!

米国がお手本


資産運用の世界では、アメリカがお手本に
なります。アメリカ人は、狩猟民族?で

リスクをとることをおそれず、株式投資など
にも積極的に取り組んでいる。そういう

国民性だから、農耕民族の日本人とは違んだ
という話しになることが良くあります。

しかし、決してそうではありません。

アメリカ人と言えども、初めは、おっかな
びっくり?だったのです。

変化は、401(k)に代表される、米国の企業
年金制度がはじまった頃から、少しずつあら
われます。因みに、

401(k)とは、1978年に米国の税制を
規定する『内国歳入法
(Internal Revenue
Code)』に、

401(k)条項が追加され、1981年から
具体的な実施規則に適合
した税制適格な
制度として、スタート
したことに由来します。

毎月拠出するお金を何で運用するかは、個人
個人が自分で決定しなければいけません。

株や投資信託の経験のないうちは、元本割れ
が怖いため、当然米国人といえども、

401(k)プランでは、当初は元本確保型の安定
商品が主流でした。しかし、

ニューヨーク・ダウの一日の下落率としては、
史上最大となった、1987年のブラックマンデー
を経験(2,247ドル→1,739ドル▼22.6%)後の

1990年代のはじめあたりから、米国人の資産
運用に対する考え方に変化があらわれはじめ
ます。

つまり、暴落したあとでも株価は戻しさらには、
暴落前の株価を上回る水準にまでに上昇している
という事実。

それは、毎月積み立てて運用している、401(k)
や証券会社などを通じて購入した、投資信託
(ファンド)にもあらわれていました。

株式や株式を使って運用している、投資信託や
401(k)が増えている、儲かっている!
この事実を米国民は実感したのです。


成功体験を得た、米国人

401k等での資産残高は、順調に伸びていきます。
株式投資などによる、老後の資金運用が当たり前と
いう、考えが急速にひろがっていったのです。

平成バブル崩壊後の長い、閉塞感のあった日本経済
、東京株式市場を尻目に、

米国の代表的な株価であるニューヨーク・ダウは

1,000ドルから10,000ドルになるまでには、約27年
(1972年〜1999年)

20,000ドルの大台クリアするのにはおよそ17年で
(1999年〜2017年)

かけあがったのです。さらに近年では、

中国景気減速や英国のEU離脱といった、
などの難局を乗り越えながら上昇し、何かと批判が

多い、トランプ大統領が就任しても?史上最高値を
更新しています。26,616ドル(1/26 2018年には)

当然、米国民が保有する、株式運用での資産も増え、
老後への備えに対する信頼は高まり、株式投資
はもちろんのこと、株式投資信託での

運用を自信をもって米国民がのぞむようになって
も不思議はありません。

アメリカに続け!

日本で、米国の401(k)をお手本とする、
企業型確定拠出年金制度がスタートしたのは

2001年のことです。

日本の現況を考えると、株式投資や株式型の
ファンドによる、資産運用に対しては
日本人はまだまだ半信半疑です。

それは、運用による成功体験、つまり、増えた、
儲かったという実感を感じられないからです。

ところが、スマートフォン利用の拡大やネット
証券の充実による、投資インフラの劇的変化
さらには、ニーサ等による税制面での

バックアップにより、日本人がおこなう投資
の、ハードルはかなり低くなってきています。

そして、なにより、異次元の金融緩和をはじめ
とする、アベノミクスにより投資環境が好転

(円高→円安、株安→株高)していることが
株式運用に対する見方を、

大きく変えようとしています。

半信半疑から、成功体験への変化は、まだ
はじまったばかりです。

”歴史は繰り返す”

のならば、米国でおこったことが、日本で
繰り返えされる確率はかなり高いのではない
でしょうか。

あなたは、
怪しいものとして、株式やファンドなどを使った
資産運用をとらえていませんか?

また、わかりにくい、リスクはゼロがいい
面倒くさいと他人まかせにしていませんか?

運用や投資は決して難しいものではありません。
製品やサービスを選ぶときと同じに、こだわり
をもって、好き嫌いで、していいのです。

日々の生活のなかで気づく、あなたの
感性を大切すれば良いのです。



ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る