投資のヒント

投資のヒントとは

投資する上で、知っておきたい
経済の指標、組織、組織の仕事

会議、人物等市場に影響を与え
頻出する、重要キーワードを
わかりやすく、解説します。

”知ると知らないとでは、大違い。
知って特する、投資のヒント!”

にしてください。

FRBのお仕事

世界一の

米国大統領の権限は絶大で、4年に一度の
選挙は、世界が注目するイベントで、それ
以降の世界情勢や政治外交の方向性を占う、

重要なスケジュールです。トランプ大統領
の就任でそれがはっきりとわかりました。

しかし、その大統領よりも経済や金融など
の分野で、最も影響力がある人物が

アメリカには存在します。それは、米国の
中央銀行(日本では日銀)にあたる、

FRB(米連邦準備制度理事会)

という組織の議長です・・続きを読む

米国雇用統計

米労働省が発表している雇用情勢に関する
重要指標。特に

失業率と非農業部門雇用者数がマーケット
の注目をあびます。その他、週平均労働時間

や近年FRB(米国の中央銀行)が賃金インフ
レの状態を示すものとしてあげる、平均時給
など、多項目にわたります。

月初めの金曜日、米国東部時間
8:30に発表されます。・・続きを読む

FOMC(連邦公開市場委員会)

“Federal Open Market Committee”
米国の連邦準備制度(FRS)の構成機関の
一つで、金融政策の最高意志決定会合を言
います。

FOMCのメンバーは12人からなり、FRBの
7人の理事とニューヨーク連銀の総裁は常任
委員で、残りの4人は地区連銀総裁が

持ち回りをします。(ニューヨーク連銀総裁

以外は、
4つのグループ(1)ボストン、フィラデルフィア、
リッチモンド(2)クリーブランド、シカゴ、

(3)アトランタ、セントルイス、ダラス、
(4)ミネアポリス、カンザスシティ、
サンフランシスコから1年交替)。

FOMCは、定期的には約6週間
ごと、年8回(火曜、水曜日)開催され、
また、必要に応じて(金融危機の場合など)
臨時開催されることもあります
・・・続きを読む。

ピックアップ記事

  1. [table id=244 /] パウエル議長発言効果と米中貿易問題解決へに期…

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る