米雇用統計

もっとも注目度が高い経済指標

雇用統計は、米労働省が毎月発表している
雇用情勢に関する景気関連の重要経済指標。

政府機関や企業を全米にわたりサンプル調査
をして、失業率、非農業部門就業者数、建設業
就業者数週労働時間、平均時給など10項目以上
の統計が発表されます。

雇用情勢の動きは、米国経済の7割を占める、
個人消費にも深く関係しますし、

当然、景気動向にも大きな影響を与えます。

非農業部門就業者数と失業率がさらに・・・

統計のなかでも
「非農業部門就業者数」と「失業率」の2つ
がさらに重要で、FOMC(連邦公開市場委員会)
の金融政策の決定を左右するといっても
過言ではありません。

株式やFX(為替証拠金取引)を対象とする
投資家にとっても、先行きを読むための
最重要の材料とされており、

毎月の第1金曜日(米国東部時間8:30)の
数字は、世界の注目が集まるイベントと
なっています。

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る