MENU
再スタート、準備中。 ボタン

米国株式市場(19日)は下落。EUの報復関税、四半期決算で明暗。

[table id=41 /]

目次

EUの報復関税?

19日の米国株式市場は下落。一部企業決算の
期待はずれや、EU(欧州連合)が米国から輸入品
に対し、報復的に関税を課すかもしれないと
懸念が広がりました。

当然の流れかもしれませんが
貿易摩擦問題は、根が深そうです。

四半期決算発表で明暗

決算発表の企業のなかでは

悪天候の影響による、損失で
第2四半期決算が利益予想を下回った
損害保険大手のトラベラーズ(TRV)が

125.18ドル(▼4.82ドル/▼3.71%)

四半期決算で支出拡大(ポイント
還元プログラム等で)したことを明らかにした
クレジットカード大手
アメックス(アメリカン・エキスプレス AXP)が
100.17ドル(▼2.81ドル/▼2.73%)

また、電子取引大手イーベイ(EBAY)が
さえない決算で
34.11ドル(▼3.84ドル/▼10.12%)

など下落が目立っていました。

一方、
第2四半期決算で、市場予想を上回った
IBM(IBM)が
149.24ドル(+4.72ドル/+3.27%)

そして、メディア大手21世紀フォックス
の娯楽資産買収を断念すると発表したことが
好感された、ケーブルテレビ大手コムキャスト
(CMCSA)が、
34.91ドル(+0.87ドル/+2.56%)
と上昇していました。

前日(18日)の米国市場について↓

米国株式市場(18日)、アマゾンが時価総額、9,000億ドルに!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

男子孫2人を持つ、60才越えの元証券マン。投資信託、ファンド初心者からベテラン投資家まで幅広い層にセミナーを開催。米TVドラマと米4大スポーツが好きが高じて?いや自然の流れで米国株、アメ株にハマる。好きな選手は、カリー(NBA)ともちろん、翔平君(MLB)。

コメント

コメントする

目次
閉じる