米国株式市場(19日)は下落。EUの報復関税、四半期決算で明暗。

19日の米国市場

7/19(終値)前日比/前日
NYダウ25,064.50ドル▼134.79ドル(▼0.53%)
S&P5002,804.49▼11.13(▼0.39%)
ナスダック7,825.29▼29.14(▼0.37%)
原油(WTI)68.24+0.49
米10年国債(金利)2.84%2.88%
VIX(米国恐怖指数)12.8712.10
AAPL(アップル)191.88ドル+1.48ドル(+0.78%)
AMZN(アマゾン)1,812.97ドル▼29.95ドル(▼1.63%)

EUの報復関税?

19日の米国株式市場は下落。一部企業決算の
期待はずれや、EU(欧州連合)が米国から輸入品
に対し、報復的に関税を課すかもしれないと
懸念が広がりました。

当然の流れかもしれませんが
貿易摩擦問題は、根が深そうです。

四半期決算発表で明暗

決算発表の企業のなかでは

悪天候の影響による、損失で
第2四半期決算が利益予想を下回った
損害保険大手のトラベラーズ(TRV)が

125.18ドル(▼4.82ドル/▼3.71%)

四半期決算で支出拡大(ポイント
還元プログラム等で)したことを明らかにした
クレジットカード大手
アメックス(アメリカン・エキスプレス AXP)が
100.17ドル(▼2.81ドル/▼2.73%)

また、電子取引大手イーベイ(EBAY)が
さえない決算で
34.11ドル(▼3.84ドル/▼10.12%)

など下落が目立っていました。

一方、
第2四半期決算で、市場予想を上回った
IBM(IBM)が
149.24ドル(+4.72ドル/+3.27%)

そして、メディア大手21世紀フォックス
の娯楽資産買収を断念すると発表したことが
好感された、ケーブルテレビ大手コムキャスト
(CMCSA)が、
34.91ドル(+0.87ドル/+2.56%)
と上昇していました。

前日(18日)の米国市場について↓

米国株式市場(18日)、アマゾンが時価総額、9,000億ドルに!

関連記事

ピックアップ記事

  1. [table id=246 /] [table id=247 /] アップルが標的に!? …

免責事項

当サイトは、一般的な情報提供を目的として書かれています。ですから、投資における最終意思決定は、ご自身の判断でお願いいたします。(データ等の数字は、細心の注意を持って記載していますが)当サイトに載せている情報に基づく行動で損失が発生した場合においても、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る